WEB予約はこちら(初診専用)
ブログ

か強診|船橋駅近くの一般・小児・矯正歯科・歯科口腔外科なら|森谷歯科クリニック船橋市の歯医者 森谷歯科クリニック

MENU

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)|船橋駅近くの一般・小児・矯正歯科・歯科口腔外科なら|森谷歯科クリニック

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)

prevention

かかりつけ歯科医機能強化型診療所(か強診)

船橋市の歯医者、森谷歯科クリニックはこれまで患者さまのお口の健康を守るために、いろいろな取り組みを行ってまいりました。
それらの取り組みが厚生労働省に認められ、2020年8月、「かかりつけ歯科医機能強化型診療所(か強診)」に認定されました。
か強診とは、今後の地域包括医療に備え、むし歯や歯周病などのあらゆる歯科疾患の重症化を予防し、歯の喪失を防ぐための定期的なメンテナンスを行える歯科医院を厚生労働省が評価する制度です。
か強診の認定には多くの厳しい条件があり、またそれを維持継続することが必要とされています。この条件を満たすことは、患者様へより安心した治療をご提供できる環境ということでもあります。か強診に認定されたクリニックでは、下記のように、患者さまがより治療と向き合える体制となっています。
この厳しい条件を森谷歯科クリニックはリニューアルオープン後1年弱でクリアしました。
それぐらい予防歯科に力を入れています。

か強診に認定されると患者さまにとって以下のようなメリットがあります。

  • 保険適用内で行うためには3か月以上空ける必要があるフッ素塗布が、毎月保険で受けることができるようになります。
  • 重度歯周病の患者さまに対し、歯周病の重症化を防ぐためのメンテナンスを毎月保険で受けることができるようになります。
  • 訪問歯科診療を必要とされている患者さまに対する診療の機会が増えます。

か強診認定

ご存知ですか?予防歯科後進国“日本“!

あらゆる分野で先進国の仲間入りを果たしている日本。
しかし、予防歯科の分野ではむしろ後進国であることをご存知ですか?
予防歯科先進国の代表、スウェーデンでは大人の約90%、アメリカでも約80%が定期的な歯のメンテナンスを受けに歯科医院を受診しています。
これに対し、日本における定期的な歯のメンテナンス受診率はなんとたったの6%!
これでは日本のむし歯、歯周病がなくなるわけがありませんよね。
その結果、スウェーデンにおける70歳時点での残存歯は平均20本、アメリカでは平均17本、それに対し日本は8本です。
しかし日本でも定期的にメンテナンスに通った人の80歳時点での残存歯数は23本であったのに対し、そうではない人の残存歯数は7本であったというデータもあります。これらのデータからも定期的に歯のメンテナンスを受けることがいかに重要であるかが見て取れますね。 日本人の予防歯科に対する意識は欧米人のそれに20年の遅れをとっているとも言われています。

「歯の治療のために歯医者に通う」時代から「歯を守るために歯医者に通う」時代へシフトすることで、年をとっても今と同じようにおいしく食事を摂ることができ、ひいてはからだの健康、そして最後は幸せな生活に結び付いていきます。

森谷歯科クリニックでは予防歯科に力を入れています。

担当歯科衛生士による歯周病検査、みがき残しの染め出しを定期検診ごとに行い、患者さまごとの歯みがきのクセを見ながら徹底的にブラッシング指導を行い、むし歯、歯周病を予防していきます。

子どものころから定期的なフッ素塗布を行うことはむし歯予防にとても効果的です。
また大人になってからも定期的な歯のメンテナンスを受けることは健康寿命を延ばすための大きなポイントとなります。
さらに定期的な歯のメンテナンスを受けることは結果的に歯科医院の受診回数も減り、生涯歯科治療費を抑えることにもなります。
からだの健康を保つため、幸せな将来のため、まずお口の健康に意識を向けてみてはいかがでしょうか?

80歳の平均残存歯数

pagetop