WEB予約はこちら(初診専用)
ブログ

歯周病|JR船橋駅から徒歩3分、京成船橋駅から徒歩2分の歯医者|森谷歯科クリニック船橋市の歯医者 森谷歯科クリニック

MENU

歯周病|JR船橋駅から徒歩3分、京成船橋駅から徒歩2分の歯医者|森谷歯科クリニック

歯周病

PERIODONTITIS

歯周病

歯周病

歯周病とは歯を支えている骨が溶ける病気です。家でいうと基礎の部分の病気といえます。

歯周病は歯を失う原因の第1位(41.8%)です。それは症状なく進行してしまうことがほとんどだからです。症状が現れたときにはすでに歯周病が進行してしまっていて、抜歯するしかない状態になってしまっていることが多いのです。

歯周病は最も感染者数の多い感染症です。2001年には世界ギネス記録にも認定されました。

日本では成人の8割の人が感染しているともいわれています。

どんなにきれいなつめもの、かぶせものを入れていても、歯周病が進行して抜歯になってしまっては意味がありません。家と同じです。どんなに立派な家を建てても地盤が不安定では家は崩れてしまいます。

よって、他のお口の中の疾患と比べても、とくに歯周病は予防が大切です。

こんな症状に覚えがありませんか?歯周病をセルフチェック!

  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯が浮いたような感じがする
  • 歯ぐきから血や膿がでる
  • 歯が伸びた感じがする
  • 歯が出っ歯になってきた感じがする
  • 硬いものが食べづらい
  • 口の中がネバネバする

歯周病の原因

歯周病

歯周病の原因は歯垢(=プラーク)です。

歯垢とは歯の表面にこびりついているネバネバしたものです。歯みがきのみがき残しとも言えますが、歯垢は食べかすではありません!

歯垢は実はばい菌の塊で、顕微鏡で見ると小さな菌がうじゃうじゃ動いているのが確認できます。

当院では、スマートフォンを用いた顕微鏡で患者さまご本人にご自身の歯周病のばい菌をご自身の目で確認してもらいます。

ばい菌に勝つにはまずはばい菌を知ることです。そして、ばい菌に勝つためには、ばい菌の弱点を知り、有効な攻撃方法で攻撃することです。さらには歯周病においてはばい菌に攻撃される前に先制攻撃を仕掛けることがとても重要です。

歯周病の予防のためには日々のブラッシングがとても大切です。

みなさんは正しい歯ブラシができていますか?歯ブラシの仕方で歯垢の除去率は大きく左右されます。

当院では歯科衛生士による歯垢の染めだしと、みがき残しを数値化し、ブラッシング指導を行います。そして患者さま一人一人のお口の状態に最適な歯ブラシ、口腔ケアグッズをご提案しています。

歯周病は予防が大切です。当院では自覚症状がなくても定期的な検診をご提案しています。

一度歯周病が進行してしまうと、なかなか健康な状態に戻すことは困難です。

毎日行う歯みがき、せっかくやるなら効果的な方法で歯をみがきましょう!

ご存じですか??歯周病とからだの病気

歯周病

歯周病はからだの病気と深く関わっています。

糖尿病、心疾患、肺炎…

とくに糖尿病とは深く関係しています。糖尿病を患っている方は歯周病が悪化しやすく、歯周病を患っている方は糖尿病が悪化しやすいのです。

糖尿病も歯周病も生活習慣病のひとつです。これらをコントロールするには日頃のセルフケアがとても大切です。悪化してしまうとなかなか健康な状態に戻すのが困難です。

そのほかにも高血圧、不整脈、脳血管障害、虚血性心疾患など多くの全身疾患がありますが、いずれも症状がなくても定期検診を受けますよね?

歯周病も同じです。ひどくなってからでは手遅れになってしまうこともあります。

定期検診の重要性は言うまでもありません。

永久歯は抜いてしまったらもう二度とそこに歯は生えてきません。自分の歯に勝るものはありません!

患者さまには、一生自分の歯でおいしい食事を摂り、健康で元気な人生を送っていただくことが私たちの願いです。

セルフケア+プロフェッショナルケアで明るい未来を!

当院の予防歯科プログラムはこちら

歯周病の豆知識!

歯周病

タバコは歯にも悪い??

喫煙者の数は最近の健康志向、禁煙ブームにより年々減少傾向にあります。

タバコと歯(特に歯周病)とはどのような関係があるのでしょうか?

実はタバコと歯周病は密接な関係があるんです!もちろんタバコは歯周病に良い影響は与えません。

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれており、そのうち有害物質は200~300ともいわれています。とくにニコチンや一酸化炭素が組織への酸素供給を妨げ、血管を収縮させ組織への血流量が減少することにより、酸欠状態になってしまいます。

また、ニコチンはヤニとなって歯の表面に付着し、表面がざらざらになるため汚れも付きやすくなってしまいます。結果、歯周病が重症化しやすく、さらに症状の改善もしにくくなってしまうのです。

歯周病にかかるリスクは1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇します(日本臨床歯周病学会HPより)。

最近は電子タバコ、加熱式タバコに変えました!という方も多いと思います。しかし、紙巻タバコと比べれば健康への害は少ないですが、タバコはタバコです。加熱式タバコにもニコチンが含まれており、組織の酸欠状態を作り出しますので、からだに良いということはありません。理想的には喫煙自体をやめることをオススメします。禁煙したほうがからだにもお財布にもやさしいですよ。

さぁ喫煙者のみなさん、今日から禁煙チャレンジ!

pagetop