WEB予約はこちら(初診専用)
ブログ

森谷歯科クリニック

MENU

ブログ

Blog

結局どれ使えばいいの??③

こんにちは!

船橋駅近くの歯医者、森谷歯科クリニックの院長丸林浩太郎です(^o^)/

 

前回はデンタルフロスの違いやどれを使うのがオススメかをお話ししました。

最後にスーパーフロスの話がでましたが、スーパーフロスの話は今回に持ち越しとさせていただきました。

 

今回はスーパーフロス歯間ブラシタフトブラシの話を一気に行きたいと思っています!(今のところ笑)

 

早速なのですが、スーパーフロスはブリッジを装着している方用のデンタルフロスなんです。

ブリッジとは歯を失ってしまった場合に、両隣の歯を支えにして歯の欠損している部分を橋渡しにするものです。

ブリッジを装着している方、その歯の欠損部分の汚れはどうやって落としていますか??なかなか難しくないですか?

 

そこで使うのが“スーパーフロス”です!

 

このスーパーフロスはブリッジの歯のない部分(ダミー部分)と歯茎の間の汚れをとる際に使います。

普通のフロスはふにゃふにゃしてるので、ダミー部分と歯の間には入らないんですよね。

スーパーフロスはフロスの端にコシがあって簡単に挿入したいところに入れられるんですよ!インプラントをされている方にもとってもオススメです!

船橋駅近くの歯医者、森谷歯科クリニックでも、これを患者さんに説明するとほとんどの方が「これいいですね!」「こんなのあるんだぁ!」と喜んでくれます!

 

続いて歯間ブラシです。

歯間ブラシはご存知、歯と歯の間の掃除に使うものです。

患者さんからは

「デンタルフロスと歯間ブラシ、どちらを使ったらいいですか?」

という質問が多いですね。

 

歯と歯の間に隙間が空いている部分は歯間ブラシがいいと思います。

でも歯と歯はくっついていることが多いので、その接しているところは歯間ブラシが入らないですよね。

なのでそこはデンタルフロスが必要ですよね。

ということで、どちらがいいかではなく人によってどちらのほうがいいかが変わってくるんです。なので聞いてください。

「私の場合、デンタルフロスと歯間ブラシ、どちらがいいの?」と。

 

歯間ブラシにもサイズがあります。4S〜LLまであるものもあり、それこそどれがいいのかわからないですよね(^^;)

 

船橋駅近くの歯医者、森谷歯科クリニックでは歯科衛生士が状態を診て、その方にあったサイズをご提案します!

当然サイズが合ってないとしっかり汚れを落とせませんからね(^.^)

 

最後はタフトブラシです。

これも意外とみなさん知らない方が多いようですね。

タフトブラシは歯ブラシの仲間なのですが、ブラシ部分がエンピツの先のような形をしていて、歯と歯の間にぴったりフィットします。

円を描くように優しく磨くと歯ブラシの当たりにくい部分の汚れが簡単に落とせます(^^)b

これもとってもオススメのアイテムです。

ネック部分に絶妙な角度がついていて、みがきにくい奥歯のほっぺ側の奥のほうにもしっかり届きます。

みがきにくいところはむし歯になりやすいところなので、こういったアイテムを使うことはむし歯、歯周病の予防にとても有効だと思います!

船橋駅近くの歯医者、森谷歯科クリニックでも患者さんに染め出しを行なった際に歯ブラシとタフトブラシを使って歯磨き指導を行います。

 

歯みがきは一番費用もかからず、時間も取られず、継続しやすく、そして効果が高いものです。ほんのちょっと変えたり、アイテムをプラスするだけで劇的に汚れが落とせるようになります!

ぜひ自分に合ったアイテムを使って予防に役立ててもらいたいですね!

 

それでは(^-^)/

森谷歯科クリニック  院長 丸林浩太郎

 

 

 

pagetop