ブログ

森谷歯科クリニック

小児歯科・矯正歯科

Medical

小児歯科

小児歯科

子どもたちがむし歯にならないために!むし歯を知らない大人になるために!
森谷歯科クリニックでは子どものころからしっかりと定期検診に通い、むし歯を予防していくことを強くおススメしています。

小児むし歯予防に重要な5つの条件!

  • 1.むし歯予防は食生活から!
  • 2.むし歯菌の入るすき間をなくそう!
  • 3.歯そのものを強くしよう!
  • 4.仕上げ磨きで隅々までピカピカに!
  • 5.定期検診でむし歯知らずに!
1.むし歯予防は食生活から

当院では初診時に食生活(食事の時間や内容)について保護者のかたにヒアリングを行い、むし歯になりにくくする食事の内容やポイントを一人一人にアドバイスします。

2.むし歯菌の入るすき間をなくそう!

むし歯のばい菌は狭いすき間が大好きです。歯ブラシの入らない細い歯の溝はばい菌にとって格好の隠れ家です。ばい菌が入っていく前に歯の溝を埋めてしまいましょう!当院ではむし歯予防処置(シーラント)(保険適用)を積極的に行っています!(シーラントについてはこちら!)

3.歯そのものを強くしよう!

毎日がんばって歯みがきをしても、歯そのものが弱くてはやはりむし歯になってしまう可能性はUPしてしまいます。歯そのものを強くするためには、フッ素塗布は欠かせません。当院では受診されたお子さまたち全員にフッ素塗布を行っています。フッ素塗布は歯が生え始めた直後から行うのが効果的です。当院では0歳から使えるフッ素を使用していますので、安心してお受けください。

4.仕上げ磨きで隅々までピッカピカに!

お子さまの歯、仕上げ磨きしていますか?少なくとも9歳ごろまでは一人でしっかり歯みがきをすることは難しく、保護者による仕上げ磨きが必要です。お子さまに歯みがきの仕方を教えつつ、お口の中をピカピカにしてあげてください。仕上げ磨きをしてあげることで、親子のスキンシップにもなります。もちろん当院では仕上げ磨きのポイントもアドバイスしています。また仕上げ磨き用の歯ブラシも取り扱っています。大切なお子さまの歯をむし歯菌から守るのも、大切な親の役割の一つと考えます。

5.定期検診でむし歯知らずに!

フッ素は1回塗布しただけでは、その効果は不十分です。またシーラントも時間が経過するにつれ、剥がれてきてしまいます。定期的に検診を受け、フッ素塗布を行い、シーラントが剥がれてしまっている箇所は再度埋めてもらいましょう。フッ素塗布は1年に3~4回が目安ですので、3~4カ月に1回は検診を受けることをおススメします。もちろんその時にむし歯のチェック、歯みがきの状態も一緒に確認しますよ。むし歯にならないためには、定期検診はとても重要です。問題が起きてからでは来院回数も増えてしまいます。とにかく“予防”に重点を置き、定期検診をしっかり受けましょう!

矯正歯科

準備中です

pagetop